FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻への告白【08】

3日の間、私の願いに対する妻の答えを待つことになりました。
胸の奥深くに秘めた、処理する術のない膨らむだけの欲望に痛みを感じていた私には、その日を待つことは苦ではありませんでした。妻に打ち明けたことで、息苦しさから解放され本来の自分に戻れたようにすら感じられたのです。でも、それは私が抱えていた苦悩を妻に渡しただけのことかも知れません。

翌日からの妻は、夫である私からみても、普段とは変わらないように見えました。
いつものように食事を作り、いつものように私の出勤を見送ってから自分も会社に出かけたのです。
今思えば、きっと何も変わらないように振る舞うことだけが、彼女自身で平静を保つ只ひとつの方法だったのかも知れません。

「告白」から二日たった夜、何日ぶりかで妻を食事に誘いました。私が望む答えを妻から引き出すための機嫌取りでも、打ちひしがれた彼女哀れんだからでもありません。

sdft002.jpg

ただ、家から離れた場所で二人の時間を過ごしたかったからです。最近、二人の間に隙間のようなすれ違いが増えた気がしていたので、私自身が寂しく感じていたからということもあります。
でも本当は、私自身の自責の気持ちを和らげたかったのかも。

食事が終わって一緒に家に帰り、リビングで暫らく過ごしてから寝室に入りました。
ここ数日、夫婦の交わりは途絶えていました。
私の様子の変化と、一昨日の件が原因なのははっきりしています。

明日には妻の答えがあるのだろうか…
もし、妻が拒んだ場合、元の関係に戻れるのだろうか…
いや、戻すのが私の責任なんだ…

そんなことを考えながら寝付けないまま、暗い天井を眺めながら、何度もそのことを繰り返し考えていました。
私の脇で背を向けたまま眠っている妻の華奢な肩に手をかけようとしましたが、思いとどまりました。

sdvt21.jpg

「眠れないの?…」
「ん… いや… うとうとしてた」

妻がいきなり振り向き、私に声をかけました。

「あなた… 今まで私のことを真面目だって思ってきたでしょ」
「え…」

突然の言葉に、思わず応えに戸惑いました。
一瞬、問いかけの意味が判らなかったのです。

「真面目って… 男に対して真面目っていう意味?」
「そう…」

私には、妻が何の意図が有ってそのようなことを突然聞くのか、妻への答えを準備するよりも、彼女の真意を知りたくて顔を覗き込みました。

「あなた、私の前の男性経験を3人だって思っているでしょ」
「違うの?」
「どうして3人って思ったの? 私は3人って言ったことはないよ」
「だって… 俺の前に付き合ってた男は3人って言ったじゃないか」
「恋人とだけしかセックスしないと思ってた? 私のことを真面目だって思ってたからでしょ」

思わぬ妻の告白に、私は息を呑みこみました。

「じゃあ… じゃあ何人と? 何人とセックスしたの?」

妻は、私が驚いてその質問をすることを待っていたかのように、ゆっくりと落ち着いた口調で答えたのです。

「私と他の人とのセックスが見たい、あなたがする質問じゃないよね」

shkd398jp-02.jpg

妻の言葉に、私の背中は次第に火照るような熱を帯び、汗がうっすらと浮き出てきたのです。
今まで知らなかった妻の過去に動揺する私に、彼女は言葉を続けました。

「でも、遊びでセックスしたわけじゃないの。それは信じてね」

無言のまま私は頷きました。

「恋人じゃない人とは4人… だから、あなたを入れて8人…」

妻のかすかな声での告白は、耳の奥深くまで突き刺さるようでした。
私は妻から目線を反らし、真上を見つめながら自分に言い聞かせる言葉を探していました。

恋人じゃなくても、好きな相手だったら… 好きな相手とだったら、私が思っている妻とは変わらないんだ…
自分だって、恋人以外の人とセックスしたじゃないか…

「驚いた?…」
「ううん… 俺が勝手に由香里を決めつけていたんだね…」
「そういうこと。だけど本当の私は、あなたが思っているとおりの私だって信じていいから…」

私は小さい声で頷くと、妻の肩に手を廻し、自分の方に抱き寄せました。

「そんなことで、由香里を好きな気持ちが変わったりしないよ」

22bc6d7.jpg

妻の告白に動揺した自分自身が不甲斐なく思えました。
今まで彼女が秘めていたことを、何故、今になって口にしたのかも、私にとってはどうでもいいことでした。
ただ、妻に対する過去を私が勝手に決め付け、それを裏切ることのないように妻に仕向けていたことに後悔したのです。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板

Access
Visitor
RSSリンクの表示
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


愛よりもブルー


京都露出Style


バージンママ


羞恥の風


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


人妻会館


人妻淫靡


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告サイト
出会い情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。