FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻を想う夜【08】

私が、夢と現実の境界を漂うような眠りから覚めたのは、あれから1時間程経った後のことでした。自分の体さえ意のままにならない虚脱感も薄れ、覚醒が少しずつ蘇ってきます。

しまった…

咄嗟に私は枕元に置いたままの携帯に目を向けました。メールの着信を知らせる小さなランプが点滅を繰り返しています。私は慌てて手を伸ばして携帯を掴むと、届いたばかりのメールを開いたのです。

それは20分程前に岩崎が送ったものでした。

―  由香里さんは今、浴室でシャワーを浴びています。
―  もう暫くしたら帰りますので、安心して下さい。
―  夜遅いのでタクシーで帰るように勧めました。

344.jpg

私は、メールに書かれた短い文の中に、見落としそうな何かの示唆が込められていないか不安になりました。

由香里は心から満たされた時間を過ごしたのだろうか…
私に知られたくない二人だけの約束を交わしていないだろうか…

―  由香里を大切に扱ってくれたようで安心しました。
―  何も心配しなくていいのですね

緊張で悴んだ指先でキーをなぞり、短い文章をメールで送ったすぐ後、携帯に電話がかかってきました。
岩崎からです。
私は一呼吸置いてから電話に出ました。渇いた喉が麻痺したように固まり、とっさに言葉が出ません。

「岩崎です。途中で川島さんから電話が来るかと思いましたが、結局、私の方が先でしたね。」

一瞬、彼は私の覚悟を試していたのかと思いましたが、その意図はないことが分かりました。

「私には、妻を寝取られている最中に電話をする勇気なんてありませんよ… もし、それで由香里の心が掻き乱されてしまったら…」

「由香里さんは、そんな川島さんの気持ちを分かっている筈です。ちょうど5分前に帰りましたから、あと30分程で着くと思いますよ」

「分かりました。それで… あの…」

「避妊のことでしたら大丈夫です。約束は守りましたので」

その答に、私の中で燻り続けていた恐れが少しだけ和らぎました。あれだけ自慰の中で由香里が中出しされる場面を夢想しておきながら、それとは真逆になった現実に安堵する愚かしさを、自分自身で嘲るような思いです。

yuki_301_265_201806030059536c8.jpg

「もちろん、川島さんとのもう一つの約束も果たしましから」

私は岩崎が言った「もう一つの約束」の意味をすぐに理解しました。数日前、彼にその約束事を頼んだ時、私には念を押すことなど出来ませんでした。それは私が覚悟を決めてやっと一度だけ口にした、恥辱に満ちた卑屈な願いだったからです。
私は岩崎に対して、二人の愛液と精液にまみれた避妊具を妻に持ち帰らせるよう頼んでいたのでした。艶めかしい粘液が滴る交わりの証を手に入れたかったのです。

愛する妻と他人が結ばれた証…
その場面を突き付ける証で、淫らな妻の姿を想いたい…

妻を寝取った男からすれば、思うままに人の妻を味わっただけでなく、その夫までが自分の支配を受け入れた言葉に聞こえたことでしょう。隠し続けてきた私の願望を煽り、平穏な生活を営んでいた夫婦の日常を大きく変えた男にとっては、至極の瞬間に思えた筈です。

しかし、私は心のどこかで岩崎を頼り、全てを依存しているのかも知れません。彼に願いを告白すれば、私のような男が抱く願望を手に取るよう分かった上で、それが叶えられる道筋を示してくれると信じているのです。

由香里は、岩崎にそのような願いを打ち明けた私をどう思うのだろう…
私が妻を辱めるために企んだ仕打ちだと誤解しないだろうか…
倒錯した私の欲望を満たす証は、妻にとっては自分自身を蔑む拷問具なのでは…

私には、由香里を苦しめるつもりなど全くありません。しかし、結果として彼女の心が苛まれるのなら、私はなんて残酷で罪深い夫なのでしょう。

「川島さんが証に執着するのは、私と深く結ばれた由香里さんを受け入れ、その姿を少しでも鮮明に想い描くためなんです。奥様も分かってくれるはずですよ」

「由香里にそのように言ってくれたんですね…」

「私が言っては何の意味もありませんよ。川島さんが自分で言うべきことです」

突き放すような岩崎の言葉に、私は何も言い返せませんでした。むしろ妻を寝取った男に依存する自分の不甲斐なさを恥ずべきなのですから。

yuki_301_421.jpg

「その代わり、由香里さんとの時間をくれた川島さんにお返しがあります。きっと満足してくれると思いますよ」

「え?… 何ですか」

「由香里さんに、今まで以上に相手の男性を悦ばせるための舌使いを覚えて頂いたんです。是非、川島さんも味わってください」

彼は、私に更なる追い討ちをかけようとしているのでしょうか。
それとも、言葉で弄んでいるのでしょうか。

「きっと、川島さんにとっての理想の奥様に更に近づいたと思いますよ。私が奥様に教えた舌使いだということを、何度も自分に言い聞かせながら味わってみてはどうですか。川島さんなら、私の「贈りもの」に込められた意味がすぐに分かる筈です」

それは私とって、妻が他の男と交わったもう一つの残酷な証なのかも知れません。由香里の口淫を茎に受け、身を悶えさせながら、それを彼女に覚えさせた男への葛藤と屈辱に打ちひしがれるのです。

「今夜は由香里さんの舌を心ゆくまで堪能しました。奥様は口の中に注がれた私の全てを受け入れてくれたんです。川島さんも、その同じ舌で欲望を遂げてください」

込み上げる突然の焦りが汗となって背中に浮き立ちます。喉の奥が締め付けられ、呼吸が小刻みに震え出しました。

これからずっと、私は茎を這う由香里の舌や唇での癒しを受ける度に、他の男が妻に植え付けた呪縛に苛まれるのでしょうか。
妻が他の男によって授けられた口淫に悶えながら、背徳にまみれた舌先に身を焦がすのでしょうか。

yuki_301_426.jpg

岩崎の言いつけに従って、彼の反り返った肉茎をなぞる由香里の舌が目に浮かびます。
あの男の亀頭の周りに彫り刻まれた抉れを慈しみ、その先の割れ目から垂れる透明な雫に唇を濡らし、懸命に教えに応えようとする妻の姿が、携帯を握ったまま言葉を失う私の胸を掻き毟ったのです。

由香里は私を悦ばせようと岩崎の教えを受け入れたのでしょうか…
それとも、岩崎の至福に満ちた迸りを欲しいがために従ったのでしょうか…

白濁の精にまみれ、滴り落ちる雫に濡れた由香里の艶めかしい口元が、ざわめく心の奥で繰り返されます。荒れた息は喉を締め付け、携帯の向こう側にいる岩崎への言葉を遮りました。

「川島さんも是非どうぞ… 男なら誰でも由香里さんの舌先の虜になる筈ですから」

私は無言のまま、うなだれるように頷きました。見えない筈の私の姿も、岩崎には手に取るように分かるのでしょう。
それどころか、私ですらまだ気付いていない潜在の奥に潜む願望をも、彼は見透かしているのかも知れません。

他の男によって授けられた由香里の舌使い…
他人の教えに従って、狂おしく張り詰めた茎に絡まる舌先の動き…

私を揺さぶる不安と焦燥は、ゆっくりと首をもたげる言いし得ぬ昂ぶりによって掻き混ぜられます。妻を慈しむ夫への背徳は、彼女が自分の罪深い舌で償うしかないのです。
私は岩崎との電話を切り、繰り返す鼓動と息を押し隠しながら、間も無く帰り着く妻を待ったのです。

>> 同じジャンルのブログ集(FC2ランキング)
>> アダルト向けのブログ集(ADブログランキング)


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

ゆきひとさん、お忙しい中、コメントのお返事いただいてうれしかったです。

私も、ゆきひとさんと同じように、由香里さんと岩崎さんのことは、今はもうないように感じています。
そう感じながらも、なぜか気になっていて…
本当のところは、由香里さんが話してくれない限りはふたりのことはわからないことで、完全には信じ切れないもやもやしたものがありますよね。

他の人に抱かれて、感じて求めてしまう、成熟した身体をもつ人妻の由香里さんが唯一自分を保てていたのは、ゆきひとさんの願いを理解してあげたい、叶えてあげられるのは自分だけだと覚悟を持たれていたからなのではないかと思います。
岩崎さんとの出会いは、満たされ、背徳感もあり見透かされたような思いもされたりしたかもしれませんが、ゆきひとさんの願いを理解して否定せず導いているように見えるところから、もしかしたら、以前はゆきひとさんと同じ立場だったのではないかと考えてしまいました。
心にうっすらと僅かに残るとげのような、しこりとも言えるようなことに対して、答えてもらい申し訳なく思っています。

岩崎さんが由香里さんに教えたテクニックに
ゆきひとさんがどんな思いで満たされていくのか、由香里さんがどう変化していくのか、
お二人が身体を重ねる時を思うと身体が熱くなります。

無理せず続けてくださいね。

口淫

このような形で舌技を覚えられたのですね。
中々、衝撃的でした。
てっきり、うすうす気がついた形だと思っていました。
岩崎、完全に小憎らしい演出ですね。
由香里さんの帰宅後が気になって仕方がないです。

No title

由香里さんがいろいろ開発されて帰ってくると
びっくりすることもあるでしょうね
どきどきしますね

痕跡

こうして由香里さんの肉体に岩崎の痕跡が刻まれ、その痕跡が少しづつ残っていくのですね。・・・そう想像するだけで異様な興奮を覚えてしまいます。
次回の更新を心待ちにしています。

ゆきひとさんのブログの大ファンです。
このブログがきっかけで寝とられ願望が目覚めてしまいました。
ゆきひとさんがお休みの間、他の寝とられ願小説を読みましたが、どれもこのブログほどの興奮はありませんでした。
ぜひこれからも続けていって下さい。
次回を心待ちにしています。

No title

かなえさん

こちらこそ、コメントを頂けるのはとても嬉しいです。
ありがとうございます。

かなえさんが書かれた「もしかしたら、以前はゆきひとさんと同じ立場だったのではないかと考えてしまいました」について、私も何度かそのように考えたこともあります。
ずっと気になっていたことを言い当てられたような気がします。

女性にとっての寝取られや夫婦交換は、どのような想いで迎えるものなのでしょう。
私はずっとそのことを考え、様々な感情を巡らせています。

かなえさんにも同じような体験があるのでしょうか?
コメントを読みながら、そのようなことを考えています。

これからもかなえさんの気持ちをこのブログのコメントに書き込んで下されば嬉しいです。


No title

あいぼさん

由香里に他人が教えた記憶は、ずっと消えないで残り続けるものなのでしょうね。

妻の変化を見つけるたびに、心が何度もかき乱されます。
これからも、その感情をブログに書き続けたいと思っています。

No title

とっきんさん

由香里の体に染みこんだ痕跡が、私だけでなく他の男の悦びにもなるのだと思うと、切なさが込み上げます。
他の男が妻の口淫で果てる姿を見つめることで、その切なさが癒しになることもあります。
これからも由香里の変わりゆく過程を読み取って下されば嬉しいです。

No title

ぼうやんさん

様々なサイトがある中で、私の想いを書き綴ったこのブログがぼうやんさんの想いと重なったのですね。
同じ感情を共有出来て嬉しいです。
これからも私の様々な想いを読み取ってください。
ありがとうございます。

No title

ひろさん

この時は、岩崎の演出などではなく、ただの思い付きや悪戯であってほしいと思っていました。
もし計算した演出だとすれば、彼がその気になれば私と由香里を破滅させるための企てを簡単に思いつくのではと感じたのです。

No title

自分も妻が浮気してきた後、他の男から調教されたテクニックを味わってから寝取られに目覚めました。
今でも、行為の間に当時の調教を話させて興奮しています。
是非、奥様がどう変わったのか教えて頂きたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板

Access
Visitor
RSSリンクの表示
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


愛よりもブルー


京都露出Style


バージンママ


羞恥の風


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


人妻会館


人妻淫靡


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告サイト
出会い情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。