FC2ブログ

妻を想う夜【07】

私は、罪深く孤独な自慰に浸りながら、他人の一夜妻となった由香里の姿を想い続けました。それは伊豆の旅館で岩崎と私達夫婦が三人で過ごした夜、薄暗い部屋の中で目にした光景でした。
妻の膣口から白く太い筋となって垂れ落ちる岩崎の精が、決して消える事のない記憶となって心に刻み込まれているのです。

いつの間にか私は、妻の名をうわ言のように呼び続けていました。身を裂かれる程に狂おしい嫉妬と、何にも代え難い至福の悦びが廻るように縺れ合い、私の心を掻き乱します。

yuki_301_407.jpg

由香里の秘部の温かさがいとおしい…
潤いで満たされた柔らかな秘奥が恋しい…
今頃、岩崎の強張りを恍惚の射精へと誘う艶かしい愛液で包み込んでいる筈なんだ…

私は、妻の膣の代わりにローションに濡れた手を勃起した茎に添え、繰り返し上下に滑らせました。亀頭の割れ目から垂れ続ける先走りのぬめりが指に絡み、更なる快楽の極みへと導きます。
間近に迫る恍惚の頂上への誘惑を断ち、少しでも長く踏み止まろうと手を止めましたが、もう一人の自分が吐精へと駆り立て、濡れ光る指を動かしたのです。

私は極みへと達する間際の中で、妻を寝取られた夫の葛藤と悦びを由香里に知って欲しいと願いました。決して妻の行為を邪魔するためではありません。一夜妻として岩崎と結ばれている彼女への想いを伝えたいだけなのです。

茎から迸る精を由香里に見て欲しい…
その瞬間を撮った写真を由香里に送れば、彼女もきっと背負った罪から許されるはず…
妻を愛しながら果てた夫の証だけが彼女の救いになるんだ…

yuki_301_410.jpg

精の迸りを受けるために掴んでいたティッシュを放し、枕元に置いた携帯を取ろうとしました。しかし、精の放ちを堪え続けた身体は金縛りのように硬直しています。深く息をしながら茎を握った手を離し、開きかかった吐精への扉を力ずくで閉じようとしたのです。

張り詰めた両脚の爪先へと体中の力が集まり、ゆっくりとした痙攣が下腹部を波打ちます。茎が小刻みに震え、まるで閉じようとする扉の隙間から漏れるように、亀頭の割れ目から白い粘液が茎を溢れ落ちました。
それは理性と意思では抑えきれない、煌めく甘美な瞬間に至る最後の兆しでした。私はとっさに手を亀頭に被せ、果てる寸前に漏れ出た白濁液を手に絡めると、反り返った茎に塗り付けたのです。

それはローションでは決して得られない、生温かく濃厚なぬめりでした。溶け入った性の欲望が艶めかしい糸を引き、張り裂けそうな茎と縺れ合います。

あの夜… 岩崎の熱い精を受け入れた由香里の愛おしい秘奥を、狂おしく勃起した自分の茎で貫いた記憶が目の前に蘇ります。他人が妻の体で欲望を満たした証が真綿のように茎に絡み付き、残酷なまでに眩い至福と悦楽を私に与えてくれたのです。

それは私にとって、最愛の妻を他人に捧げたからこそ得られる至高の悦びでした。妻と岩崎が結ばれた証の愛液と精液が溶け合い、夫である私の茎を包みながら、罪にまみれた快楽の極みへと導いたのです。

yuki_301_411.jpg

極みの寸前に漏れた精に濡れ光る茎を握り、あの時に浸った至福の悦びを想い浮かべた瞬間、股間から反り立つ亀頭へ向かって、一本に連なった激しい快楽が突き抜けました。

狂おしい脈を打つ勃起の先から、濃厚な白い飛沫が紐のように幾本も吐き出されました。妻に対する情愛と、罪にまみれた欲望が混じり合った生温かな粘液が、下腹部やシーツの上へと撒き散らされます。
次々と溢れる白濁を塗り付けるように茎を滑る指は、私にとっては他人の精で満たされた由香里の膣奥でもあり、愛おしい口内でもあったのです。それらは私の理性を奪い取り、更なる極みの昂りへと導きました。

由香里への想いが溶け込んだ精で、彼女を理想の妻に塗り染めたい…
一夜妻として男に精を注がれる度に由香里が美しくなるなら、どんな代償を払ってもいい…

yuki_301_413.jpg

迸りの脈を繰り返しながら、私の意識は霞のようにゆっくりと遠のいていきました。眩い光の中を漂うような至福の満たしに体を包まれたまま、口元で妻の名を呼び続けたのです。

最後の迸りが尽きた後、私は肩を震わせながら掠れた息を繰り返しました。さっきまで夢想の中に映し出されていた由香里の姿は、もはや何処にもありません。

出口の無い暗闇に閉じ込められたような孤独な苛みの中で、あとどれだけの時間、一人で妻を待ち続ければいいのでしょう。
私は消えかかる意識の中で、下腹部やシーツに付いた自慰の跡を拭き取りました。
手にしたティッシュの中から、虚しい精の芳香が微かに漂います。

今頃、由香里はこれと同じ岩崎の香りを感じているのだろうか…
妻が妊娠する可能性のある日であることを私から念押しされた岩崎は、避妊の約束を最後まで守ってくれたのだろうか…

妻の膣口から垂れ落ちる他人の精を目に浮かべ、罪深い至福の自慰に浸りっておきながら、今になってそれとは真逆の不安が心に芽生えます。他の男に妻と過ごす二人だけの夜を与えた私が、なぜ今更、身勝手な疑いをよぎらせるのでしょうか…

焦燥が鼓動を駆り立てながらも、虚脱した体からは意識が少しずつ薄れていきます。まるで時が刻みを止め、全ての流れがその場に留まっているようでした。

由香里…
今、何をしているの…
何を感じ、何を想っているの…

私は心の中で同じ問いかけを繰り返しながら、やがて訪れた睡魔が誘う漆黒の谷底へと落ちていったのです。

>> 同じジャンルのブログ集(FC2ランキング)
>> アダルト向けのブログ集(ADブログランキング)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

情景

伊豆での情景が思い出されます
滾りますね。
ところで、いつも本文に見合った女性の写真が貼られていますが、モデルさんですか?
また、非常に綺麗な画像ですが、自ら撮られているのでしょうか?

性罪!!

ゆきひとさんの由香里さんへの強い想いの滾りがそのまま
岩崎氏への激しい嫉妬感への原動力のようにみえます。

由香里さんの妊娠可能日を知っているがために岩崎氏の
意思次第では・・・孕ませる行為へと突き進むのでしょうか

久々に味わう具体像のない性の高揚感・・・
ゆきひとさんの綴る一言一言に息が途切れそうです!!

No title

ひろさん

ブログを始めたころは、何枚か妻の写真を載せていました。
ですが、内緒のブログを書いている自分の姿を写真の妻に見られているようで、落ち着かない気持ちになりました。
特に、正面を向いている写真があると、体験を書きづらくなってしまいます。

今は殆どが由香里のイメージに近い写真です。
時々、妻の写真に入れ替えてドキドキしています。

No title

ポキールさん

私は妻に対する他人の射精に、強い執着を持っていると感じています。
ですから、他人との妊娠を避ける処置と、私自身の願望を共に満たすことの両立は、ずっと前からの悩みでもありました。

もちろん、衛生面で守るべき処置も必要ですよね。
私の欲望で妻が悲しい思いをしないことが最も大切なことだと思っています。

由香里さん

由香里さんの写真が混じっているのですね。
どれなんでしょう?
胸のヌード、迸りを受けている口元、清楚な普段着姿。
想像が掻き立てられます。
そう言えば、似ている女優さんが居ると言っていたかと思いますが、どなたのことだったのでしょうか?

はじめてコメントさせてもらいます。
以前から読ませてもらっていて、再開を心待ちにしていました。

ゆきひとさんの由香里さんへの愛情、男性が憧れを抱かせる女性像としての表現など、息づかいが聞こえてくるような情景。
ゆきひとさんの言葉に引き込まれています。

他のご夫婦との、夫婦交換や、大学生になったばかりの男の子との体験にも、興奮させられますが、岩崎さんのお話しは、やるせない嫉妬のような感覚を味わいながら読ませてもらっています。
はじめてなのに、こんなことを聞いて不躾なのは承知していますが、どうしてもお尋ねしたいことがあります。
今、現在も、岩崎さんとの交流があるのかもしれませんが、岩崎さんと由香里さんは身体を重ねることがあるのでしょうか。
岩崎さんの存在が大きく、呪縛のように感じてしまいました。

No title

ひろさん

以前書いた似ているという女優さんは、最近は新作もなく、殆ど目にすることはありません。顔が変わったような気もします。
ですので、あまり気になさないで…

No title

かなえさん

コメントありがとうございます。

再開を心待ちにして下さって、とても嬉しく励みになります。
本当は私がお詫びすべきなのに、申し訳ありません。

岩崎と妻との関係は終わっていると信じています。
ですが、いつまで経っても完全に信じることは出来ません。
それは妻のせいではなく、原因を作った私に責任があります。ですので、まだ続いていたとしても、妻を責めるつもりはありません。

今になって言うのも理不尽ですが、彼が妻に他の男を紹介した意図も未だにわかりません。

あやふやな書き方でごめんなさい。
私がそう信じているとしか書けないのです。

これからもよろしくお願いします。
またコメントを頂ければ嬉しいです。

No title

由香里さんがどんなことされているのか
きになりますね

勝手に妄想しています


ブログ再開ありがとうございます
これからも更新楽しみにしています

No title

あいぼさん

こちらこそよろしくお願いします。
少しでも私の想いが読んで下る方に伝わるよう、これからも更新を続けていきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板

Access
Visitor
RSSリンクの表示
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


愛よりもブルー


京都露出Style


バージンママ


羞恥の風


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


人妻会館


人妻淫靡


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告サイト
出会い情報