FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人に妻を託して【01】

あの日の後も、由香里と岩崎が何回かメールのやり取りをしていることは、既に妻から聞いています。むしろ、私の方からそうするよう由香里に言ったのです。

私から隠れて二人の関係が深まることへの恐れ…
岩崎の見えない「支配」に対する、せめてもの反逆…

理由は二つや三つではありません。私の心の奥で、いくつもの想いが混ざり合った中でのことです。

私は由香里が交わすメールを隠れて読んだりはしませんでが、内容については私に告白することが約束事でした。
結果として、それは由香里にとってかなりの重圧だったかも知れません。
私に伝え漏れていたことがあった場合、意図して隠したと受け止められかねないからです。

yuki_301_139.jpg

ある夜、寝室のベットの上で由香里を抱き寄せた時のことです。

「私と二人だけで逢いたいって… 岩崎さんが…」

それは由香里にとって、私との約束を忠実に守った上での「告白」でした。
思い詰めたような妻の表情は、自らが口にした罪深い告白に対する負い目からなのでしょうか。
それとも、二人だけで逢うことが岩崎からの求めだけでなく、妻自身の願いでもあるからでしょうか。

「由香里は何て返事したの? 」

私は心の動揺を隠しながら妻を抱き締め、そのまま彼女に聞き返すことが精一杯でした。

「それは出来ないって断ったの… 貴方の願いを叶えるために、貴方がいる前で抱かれることが元々の理由だから…」

夫のために…
今までのことは全部、私の求めを叶えるために…

それは由香里にとって、罪から逃れる唯一の言い訳なのかも知れません。夫の願望を遂げるために、背徳にまみれた不貞行為を受け入れたのだと、自分自身に言い聞かせる他はないのでしょう。
妻も私と同じように、言葉に出来ない程の葛藤と迷いを抱えている筈なのです。

yuki_301_111.jpg

由香里の正直な気持ちは…
岩崎と二人で逢いたいのか…

私はその問いかけを口の中に押し込み、妻に許しを告げたのです。

「二人だけで逢ってもいいよ… 今度は由香里が自分のために岩崎に抱かれて欲しいんだ…」

妻は戸惑いながら私を見つめました。
並んでベットに横たわる彼女の体から、次第に早まる微かな鼓動が伝わってきます。

「あの日から、ずっと由香里を取り返すことばかり思ってた… だけど、それは由香里の心を疑っているからじゃないよ…」

自分自身の心すら整理出来ていない私は、途中で言葉を詰まらせてしまいました。

「岩崎に抱かれてから、由香里はさらに美しくなったよ… 胸が押し潰されそうなくらい美しくしい理想の妻なんだ…」

私の中に、岩崎と二人だけで愛し合う妻の姿が浮かびます。
いつの間にか下腹部は強張り、狂おしい火照りが肉茎の奥から込み上げます。私は由香里の手を取り、その硬直した固まりを握らせました。

「今、由香里と岩崎が一緒にホテルに入っていく姿が目に浮かんだよ… きっと、離れた場所にいても、由香里を想うだけで胸が高鳴る筈だよ…」

それは、私の手から放れて他人の一夜妻となる彼女につのらせる情愛の告白でした。

yuki_301_282.jpg

岩崎の精によって、今まで以上に美しく染まりゆく由香里に狂おしい恋がしたい…
心が震える程に切ない妻への恋に身悶えたい…

由香里の表情は私にとって意外なものでした。彼女は俯くように顔を隠し、辛そうな声で私に打ち明けたのです。

「貴方がきっと承諾する筈だって、岩崎さんが自信有りげに言ってたの… 何故って聞いたら、貴方の心がどう揺れるか自分のことのように判るからって…」

一瞬、寝室の中を流れる時間が止まりました。
岩崎は私の全てを見透かし、心の内側を手に取るように操っているのでしょうか。
それとも、愛する妻を寝取られる魔性の悦びに魅せられた私を、さらにその奥へと導こうとしているのでしょうか。

どちらでも構わない…
私にとって由香里は誰よりも愛おしい理想の妻…
彼によって妻の美しさが更に際立つのなら、それが私の欲しがっている禁忌の望みの筈…

「由香里… 見て… 顔を近づけてよく見て…」

私は下腹部を露わにすると、反り返る肉茎を妻の前に突き出しました。
岩崎の腕に抱かれる由香里の姿に心を昂らせ、あの逞しい茎を包み込む彼女の膣奥に熱い嫉妬が込み上げます。

妻の顔が下腹部にゆっくりと近づき、艶かしい唇が濡れた亀頭に重なりました。這いずる舌先が先走る粘液を舐め取り、やがて喉の奥へと肉茎が沈んでいったのです。

yuki_301_283.jpg

岩崎も身を震わせた由香里の愛おしい口内…
何人かの元彼達も、この柔らかな舌に包まれながら精を迸らせたんだ…
白濁液の脈動を誘う生暖かな至福に浸り、恍惚の中で果てたんだ…

美しい色の艶に濡れた由香里の舌は、どれだけの吐精に汚されてきたのでしょう。彼達の想いと欲望が溶け込んだ精の芳香に、男に愛される恍惚の至福を感じ取っていたのでしょうか。
夫でありながら、思い描く妻の淫らな姿に心が掻き毟られます。

私は唾液に浸る亀頭を絡みつく舌から引き離すと、妻の上に体を重ねました。

「由香里… 目を閉じて岩崎を想い浮かべて… 岩崎と二人きりだって…」

妻の下着を剥ぎ取り、美しい線の脚を開かせました。彼女の細長い指が、淡い暖色の灯りを拒むように秘部を隠します。

岩崎を求め、指先であの夜を忍びながら自慰の愛液に溺れた秘部…
他の男に愛された膣奥をなぞり、熱い息を秘めたまま幾度も極みに達した妻…

あの夜、由香里は夫婦が愛し合うベットの上で、他人の岩崎と夢想の自慰に浸っていたのです。私の中に潜むもう一人の自分が、妻の背信行為に対する理不尽な仕打ちを誘いかけます。それは由香里が想い描いた罪深い場面を、彼女自身が私の前で蘇らせることでした。

yuki_301_284.jpg

私は仰向けになると、体の上に由香里を跨らせました。そして彼女に対し、突き立つ夫の勃起を岩崎の茎と思いながら、自分の体を貫くように命じたのです。

「由香里… 目を閉じて… 絶対に開けちゃだめだよ… 今、手を添えている勃起が岩崎のものだと思うんだ…」

妻は無言のまま私に服従すると、突き立つ強張りに指を這わせ、茎の硬直を増すための快楽を与えます。
目を閉じたまま顔を上に向け、夫である私の肉茎に愛おしい男の面影を重ねながら、眩い一瞬を待ちわびるように体を反らしました。

「そう… それでいいんだよ… 岩崎の姿が浮かび上がったら、由香里が自分で中に挿れるんだ…」

妻は腰を浮かせ、滴に濡れた膣口に肉茎の先端を重ね合わせました。自分の愛液でゆっくりと亀頭に潤いを与え、陰核に触れ合うように襞をなぞります。

騎上位のまま下腹部を浮かせる由香里の両脚からゆっくりと力が抜け、膣口に押しあてられた亀頭を襞が包み込みます。体を仰け反らし、岩崎を想いながら秘奥へと肉茎を導く妻の姿は、例えようのない不貞の美しさに包まれていたのです。

yuki_301_286.jpg

私の硬直した勃起を、岩崎を想い描く自慰の快楽を昂らせる性具として使って構わない…
淫らな罪を懺悔しながら、真上に突き立つ生身のディルドで眩い極みに浸って欲しい…

妻の唇から小さな声の身悶えが漏れ堕ちます。それは、堪えようとする口元の隙間から垂れ流れる、淡い官能の啜り泣きのようでした。
私も由香里と同じように目を閉じ、彼女と岩崎が結ばれ合った伊豆での夜を瞼の中に手繰り寄せたのです。

時間にすれば、それは僅かな一瞬だったのかも知れません。由香里の導く艶かしい秘奥へと亀頭が達する恍惚の悦楽を、私達は熱い息に混じった身悶えの声を漏らしながら分かち合いました。
それは決して夫婦として行ってはならない禁断のセックスでもあったのです。

>> 同じジャンルのブログ集(FC2ランキング)
>> アダルト向けのブログ集(ADブログランキング)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この禁断のSEX

両者が違う相手をイメージして

私もよくこのイメージSEXを行います

そして、いつも以上に感じている状態を言葉で詰ります

正確に言うとその興奮状態やUPした感度を克明に言葉にする

さらに私はその男性になりきり最後には愛の言葉も

それが刺激的で背徳心も

現実の世界でも違う男性との交わりの場面も経験していますが

一瞬で現実の世界に戻れるこのイメージの世界が好きです

二人だけの相瀬

私には到底無理な話で(私の感覚では本末転倒??)

ただ岩崎氏も

ゆきひとさんも思い通り?

この一歩?

この決断が出来るのかどうか?

それが本当の意味での寝取られかどうかの一線??

自身の制御下(管理下)での相瀬は何でも受け入れられる?

でも・・・

このゆきひとさんの決断と行動

まだまだこの域には到底

この行動の根底は?いったい何が?って

そう思います(文中には表現がありましたが)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

『由香里の心を疑っているわけじゃない』
『由香里を嫌いになったりしないから』
以前から、幾度となく目にするフレーズです。
果たしてこの時期、由香里さんの方は『私を嫌いにならないで、私を信じて、疑わないで』という思いを川島さんに対して、持っていらっしゃったでしょうか?

夫婦は子供を持つ事によって、絆の質が大きく変わります。
他の男性に愛された時、夫に対するものとは質が違う事を本能で悟ります。
異質である以上、その存在が妻の中で侵食し合う事も少ないです。
異質の絆だからこそ、夫は良くも悪くも揺るぎない分量で存在し続けます。
川島さんご夫婦は、恋愛期の延長の感情の中で、岩崎さんと出逢われました。
岩崎さんは、あらゆる意味において強者と思われます。
川島さんの存在の大きさ、分量、重さ、彼女の中にどれくらい残っているのでしょう。
由香里さんが、“疑われる“”嫌われる“事を恐れているのは、もはや岩崎さんに対してではないかと。

あくまでも”この当時”を拝読した感想です。

公認の…

やはり岩崎さんに見透かされてますね。
由香里さんもまた、岩崎さんに心奪われ…。

これって、旦那公認の ただの不倫に
なってませんか?
だって岩崎さんと由香里さん 惹かれあってますよね。
公認だから 約束だから 岩崎さんとの
やり取りは報告するけど、
結果、2人だけの逢瀬を許せば それこそ ただの不倫なんじゃないのでしょうか?!
火に油を注ぐようなもの。
岩崎さんは 過去からの経験上
そして同じ雄として 川島さんの事を
掌で転がしてますよね。
こ慣れていらっしゃる。
アタシが由香里さんでも
やはり岩崎さんに心奪われ そして
貴方に 抱かれたくなくなると思います。
だけど、夫婦である以上 抱かれる義務がある、、、
由香里さんもまた この関係を承諾してしまったのですから、、、

川島さんだけではなく
皆が辛い状況になって行くのでしょうね、、、

読んでいて 苦しいです。
最近 官能的感が 伝わりません。
刹那でしかない。

私の主人はどうなんでしょうか?

ゆきひとさん、おはようございます。
「バージン★ママ」の順子です。
リンクを貼らせてもらって、ありがとうございます。

いつもドキドキしながら、読ませてもらっています。
同じようなテーマでブログ書いていますが、
能天気な私の文章と違って、
ゆきひとさんのは、濃い彩を感じています。

大切な自分の妻を、他の男性に抱かせての、
ゆきひとさんの複雑に錯綜する気持ち、
見事に書いてあって勉強にさせてもらっています。

それに比べて、私のパパ。
確かに私が、他の男の人と危ないことがあった後は、
情熱的に愛してはくれるんですけど、
ゆきひとさんみたいに、
深く、考えているんでしょうか。

ただ、その時の、自分の悦びのために、
私と他の男性との、距離を測っているような気がします。

今回のお話は長かったですね。
これからも、楽しみにしています。
ご自愛され、頑張られてください。




大切な妻を他人へ

岩崎さんも過去にゆきひとさんと同じ経験をしたのではないでしょうか?
だとしたらその先にあるのは…

愛する妻が望むなら、夫として望みを叶えてあげたい
けれど、夫婦関係を断ち切ることは望んではいないですよね?

ここから先は夫婦関係が壊れる覚悟がなければ踏み出せない域のような気がします

子供を授かる可能性もある交わりをした男女が二人きりで再会すれば、当然避妊などせずにまた本能の赴くまま激しく交わるはず…

結果夫が妻にとって必要ない存在にさえなるかもしれません

格好悪くても、愛する妻を離したくない意思表示は、なんらかする必要があると思います

No title

理想を叶えていくために、おのおのの、辛さも
越えていかれてるのとおもうのですが、

絶望しながら、夫の理想に応える由香里さんを、
誰が抱きしめてくれているのでしょう・・
あるいは、誰に抱きしめられたいのでしょう・・

由香里さんの言葉は、表情は、ゆきひとさんの、
素直な言葉を、気持ちを、いつも待っています。

このブログは、言えない言葉を、いつか感じとってもらうための、
ラブレターですよね 多分・・

でも女は、今言っておいてほしいこと、
気持ちを確認しておかないと・・
掛け違っていくと、戻れなくなっていってしまうんです・・

微妙で、何かはわからないけど、少しずつ、意図せず、
何かが変わっていってしまいます・・

だから、岩崎さんは、
自分が、かつて歩んできた道は、手に取るようにわかると同時に、
経験値があるからこそ、試し、仕掛け、自分自身にも疑問を抱きながら、
寝取りを堪能されているのだと思います。

以前から、文章の中で、岩崎さんの、
そぅいったゆきひとさんへの、同志のような愛情も感じます。

煌めくように、艶めかしく、冴えわたる文章が、
更に辛く深く、悲しく、美しいのは、何故でしょう・・


由香里さんの幸せを 願います。
そして、ご夫婦の幸せも信じています。

ご夫婦の幸せも信じています。

皆さん、こんばんは、
相互リンクを許していただいている「バージン★ママ」の順子です。

お話のUPがないときも、
皆さんのコメント読ませていただいています。

なんだか、ゆきひとさんのお話と同じように、
皆さんのコメントも、すごいなぁって思って読んでいます。

「バージン★ママ」にも、
とても素敵なコメントいただいている、
常連の方々がいらっしゃいますが、
ここゆきひとさんの作品でも、
それぞれのコメントが力作で、
本当に、それだけで勉強になります。

変なコメント書いてすいません。
次の更新まで、待ちきれませんでした。
ごめんなさい。

今後とも、宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板


愛妻倶楽部

Access
Visitor
RSSリンクの表示
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


花しずく
~京都M妻の愛され方~


羞恥の風


バージンママ


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


愛と官能の美学


人妻会館


人妻淫靡


エッチな告白体験談ブログ


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


萌木ケイの官能小説


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ


結婚と性生活アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
広告サイト
出会い情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。