FC2ブログ

他人と妻【06】

岩崎がフロントで手続きしている間、私はカウンターから少し離れた隅あるソファーに妻と並んで座りながら彼を待ちました。

「ねえ… 岩崎さんとは何処で知り合ったの?」
「ん… 後で教えるから…」

今夜の相手について、妻は今まで私に何も聞こうとはしませんでした。私が選んだ相手だということを信じようとしたからなのか、それとも、私の性癖に否応なく応じたに過ぎなかったからなのか、それは判りません。

しかし、岩崎と会ってからの妻の態度や言動が私の妬みをさらに煽り立て、心を乱しているのは確かです。
自ら望んだこの状況が、時間と共に現実へと近づくにつれ、心の準備と覚悟が追いつかないのです。

妻の口元からはさっきまでの笑みは消え、唇を固く結んだまま、向かいの壁際にある調度品を見つめていますが、落ち着きなくハンドバックを持ち換えています。
私の目に映った彼女の姿と、ベットの上で岩崎と交わる露わな姿が私の瞳の奥深くで重なりあいました。

yuki_0131.jpg

「川島さんもカードに名前を記入して下さい」

カウンターにいる岩崎に呼ばれてフロントの受付に行きました。

渡されたカードに住所や名前を書こうとした時、些細なことに対する躊躇いが込み上げたのです。

岩崎に私の住む家を知られたくない…

それは一つだけの理由からではなく、幾つもの思いが交錯した漠然としたものからでした。

私がまだ、心のどこかに岩崎を信頼していないからなのか…
それとも… 私の留守中に彼が家を訪れ、妻と愛し合う姿を思い浮かべてしまったからなのか…

そのどちらにしても、今に思えば取るに足らない、私自身の何かに対する悪足掻きだったのかも。
岩崎と妻の目を盗むように慌てて偽りの住所をカードに書き込むと、フロントの係りに突き出すように渡したのです。

yuki_0142.jpg

「8階ですね」
岩崎はフロントから手渡されたキーの番号を確かめると、エレベーターのボタンを押しました。
私はドアに向かって立つ妻の首筋と肩を見つめながら、胸を内側から叩くような切なく激しい鼓動を押し隠しながら、乾いた唾を飲み込んだのです。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板

Access
Visitor
RSSリンクの表示
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


愛よりもブルー


京都露出Style


バージンママ


羞恥の風


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


人妻会館


人妻淫靡


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告サイト
出会い情報