FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての時へ【01】

妻への告白の翌日、私は岩崎へ連絡を入れるため、会社の昼休みに外へ出ました。
正午過ぎのオフィス街は、食事をとるためのサラリーマンやOLが行き交い、他の時間帯とは違う華やかな賑わいで溢れています。

scr001.jpg

周りが静かな路地裏を探し、前に岩崎から貰ったメモに書かれている番号を見ながら、携帯電話のキーを押しました。数回のコールの後で、岩崎が電話に出ました。

「岩崎さんですか? 川島ですが、今、電話大丈夫ですか?」

傍に誰もいないのに、後ろめたさで押し殺したような私の話し方だったのでしょうか。
一瞬、岩崎は電話の相手が誰なのか戸惑ったようでした。

「あっ、川島さんね。今ちょっと取り込んでるから、折り返し電話します。本当にすみません」

「あ… い… いえ… こちらこそお忙しいところに電話して…」

私は慌てて電話を切りました。
指先が思うように動かず、携帯を落としそうになったのです。
深く深呼吸をしながら、額に手を当てました。うっすらと汗が滲んでいます。

なぜ?… 今、何を焦ってたんだ…

息苦しい圧迫感がこみ上げ、話す声がしどろもどろになってしまったのです。
私は岩崎の声を聞いた瞬間から、彼を妻のセックスの相手とし現実感を伴って意識しだしたのでした。

脳裏の奥に、私が求め欲しがっていたはずの光景が浮かんできます。

男の欲望をたぎらせ、狂おしいまでに勃起した岩崎の肉茎が妻の秘部にあてがわれ、押し開くように中に入り込んでいく…
膣の中で岩崎の茎がゆっくりと動き、妻の唇からよがりの声が漏れ、自らも腰を動かす…

knt002.jpg
knt001.jpg

それまでは、私の身勝手な欲望が描いた映像が、現実の光景となってしまうのです。

急に怖じ気づいたのか…
あれほど望んだことの筈なのに…

私は岩崎からの電話を待つ間、路地の隅から大通りを行き交う人混みを、ぼんやりと眺めていました。
それまでは、妻の気持ちがもう少し落ち着くまでは、岩崎と会う日を遅くした方がいいのかなと考えていたのです。

でも… 気持ちの整理が必要なのは、本当は自分なのでは…
欲望にまかせ、空想の中で想い描いた映像と、現実に傍らで目にする光景とでは違うのか…

もうすぐ、岩崎からの電話が来るはずです。
私は手に取った携帯を眺めながら、少し大きめに呼吸をし、冷静になるように自分に言い聞かせたのです。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

初めての時へ【02】

ほどなく、手に持った携帯に着信を知らせるランプが付きました。

「岩崎です、川島さんですか。先程は失礼しました」
「いえ… こちらこそ」

私は一呼吸置いてから、ゆっくりと岩崎に昨日の件を伝えたのです。

「先日、妻に例の話をしまして… 一応、承諾をもらいました」
「そうですか… でも、本当に奥様は納得した上で了解してくださったのですか?」
「もちろんです… いろいろ経緯はありましたが」

岩崎の念を押す言葉に、その時の私は少し不快な気分になりました。
でも、今思えば、それも彼の誠実さの一つだったと思います。

knt007.jpg

「判りました。電話では込み入った話も出来ませんから… 今晩、御都合はいかがですか?」
私は最初から岩崎と会うつもりでいたのです。でも、私の焦りを岩崎に感じられたくはなかったので、少し考えたふりの間を置きました。

「じゃあ… 8時頃、この前の喫茶店に行きます。私一人でもいいですか? 妻は…」
「もちろんお一人で来て下さい。奥様にお会いする前に、川島さんに伺っておきたいことも有りますから」

今晩、岩崎と会う約束を取って電話を切りました。
彼と会って確かめたいことはたくさんあるのですが、一体、何から話せばいいのか…

yuki_0037.jpg

岩崎と出会って以来、急に変化し始めた自分の周囲に戸惑いを感じたのかもしれません。

周りが変化したのではないだろ…
自分の意思で周りを変えようとしているんじゃないか…
そして妻だけでなく自分をも…

しかし、今さら何がしかの躊躇いを感じる理由は無いはずです。もうすぐ、恋焦がれる程に欲しかった妻の姿が見れるのですから。既に妻へ告白をした時に、心は決まったのです。
私がこれからするべきことは、妻が絶対に後悔しないための道筋を整えることしかありません。

岩崎と会うまでの時間をもどかしく思いながら、会社に向かって歩きました。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

初めての時へ【03】

私は夕方6時過ぎに仕事を終わらせ、すぐに会社を出ました。まだ仕事は残っていましたが、今日中に終わらせなくても構わないものは全て明日にまわしたのです。とても仕事が手に着くような心の状態ではありませんでした。

駅で電車から降り、人混みに逆らうように足早に歩きながら約束の場所に向かいました。岩崎と会う喫茶店に着いたのは、時間より30分も前でした。
周りに客の少ない奥のテーブル席に座り、コーヒーを注文して岩崎を待ちました。

彼が現れたのは、コーヒーを飲み終えてすぐ、8時を5分くらい過ぎてからです。
仕立ての良さそうな濃紺のジャケットを着た姿は、初対面の時の黒シャツ姿とは別人のようにさえ思えます。

「すみません、少し遅くなりました。今の時期は有り難いことに意外と忙しいんですよ」

「いえ、私の方こそ。忙しいのに時間を開けてくれて有り難うございます」

岩崎は気にしないでくれと手を動かしながら、店員に私と同じコーヒーを注文しました。

「川島さんはもう飲んでしまったんだ。じゃあ、割と早めに来られたんですね」
岩崎は私の前に置かれたカップを見ると、私の分も追加で注文しました。

knt014.jpg

店員が奥に戻ったことを確かめると、急に岩崎は身を乗り出し、低く抑えた声で耳打ちするように話し出しました。

「実は、川島さんは奥さんにまだ告白していないと思っていました。だから今日、電話があったときは少し驚いたんです。」

「どこまで私の気持ちが伝わったかは自信ありませんが、承諾はしてくれました」

「判ります、私も女房に夫婦交換の話を初めてした時は、自分でも何を言っているのか支離滅裂でしたから」

岩崎の言葉に、私は少し驚きました。初めて会った時に、独身だと聞いていたからです。

「え? 岩崎さんは独身だったんじゃ…」
「女房と別れる前のことですよ。私はバツイチですから」

笑いながら答える岩崎の目を、私は思わず凝視してしまいました。

別れた?… なぜ?

「安心して下さい、夫婦交換が原因じゃないですから」

私の中によぎった一瞬の不安を言い当てるかのように、岩崎は笑いを浮かべながら答えました。

「そうですか… 再婚はしないんですか? 岩崎さんなら女性からもてそうな感じですし…」

「再婚は考えてません。その分、他の人の奥さんを抱いていますから…」

そこまで言いかけると、急に岩崎の顔から笑みが消えたのです。

「川島さん… あなた自身は大丈夫ですよね、本当に私が奥さんの相手をしてよろしいですね…」

その言葉は、岩崎から私への最後通告のように聞こえました。
元に戻るか、前に進むかの境界線の上にいるのです。私に迷いはありませんでした。

「はい、先日も言いましたとおり、相手は岩崎さんに決めています。妻を… 好きなように抱いて下さい…」

岩崎は無言のまま私を見ると、小さく頷きました。

knt009_20101012225121.jpg


「判りました。じやあ… 細かい段取りを決めましょう」

「何から決めればいいのか… こんなことは初めてなので、正直、判らないんです…」

全てを岩崎に委ねるつもりはありませんでした。しかし、具体的なことになると、闇の中にあるものを捜すかのように先が見えなくなってしまうのです。

岩崎は周りを見返し、近くに誰もいないことを確かめました。

「例えば… 避妊はどうしますか? 奥さんの中に… 出してもいいですか?」

私は思わず「えっ」という声を洩らしました。
今までの日常の中では、他人からそんな問いかけを受けるなど想像すら出来ないことです。
しかし、これから自分が進む先にあるのは、今の問いも現実のこととして有りうる世界であることを思い知らされた気がしました。
突然のことに答えが詰まり、動揺した視線を岩崎から反らしました。

yuki_0029.jpg

「失礼しました、わざと意地の悪い質問をしました。気を悪くしないでください。そのこと自体は、実際に奥様を抱かせていただく時に確認すればいいことです」

岩崎は言葉を続けました。

「ですが、これから具体的に段取りを決めていく上で、人によってはそんなことも前もって確認したりすることもあります。他人に口に出来ない願望を実行する段取りですから」

「先程の質問も、実際には相手の御夫婦からの御願い事だったりすることもあります」

暫らくの沈黙の後、岩崎は煙草に火を付け、深く吸い込みました。

「川島さんから私への要望があれば、遠慮なく打ち明けて下さい。恥ずかしいことでも構いませんから」

私は、いつの間にか目の前に置かれた2杯目のコーヒーに口を付けながら、心の平静を取り戻そうとしました。

妻に対して、岩崎にして欲しいこと…
あるいは、妻が相手である岩崎に対して、望むであろうこと…

見えない先に広がる世界への答えが見つからない私は、岩崎の経験に頼るほかありません。
そこには、妄想の中では生じ得ない、現実のリアリズムがあったのです。
私は、彼が差し出す選択肢の中から、行く先を決めることにしました。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板

Access
Visitor
RSSリンクの表示
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


愛よりもブルー


京都露出Style


バージンママ


羞恥の風


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


人妻会館


人妻淫靡


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告サイト
出会い情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。