FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣室の中で【01】

どれだけの時が経ったのでしょうか…

長い時間のようにも思えるし、もしかしたらほんの一瞬だけなの知れません。

私と妻は交わりが果てた後、そのまま寄り添いながら眠ってしまったようです。

川島さん… 川島さん…

私は岩崎に起こされ我に返りました。
二人の上には薄い毛布がかけられていました。

yuki_101_113.jpg

「川島さん… 私は自分の部屋に戻ります。奥様によろしくお伝え下さい…」

岩崎は、まだ眠ったままの妻を気遣い、私に小声で話しかけてきました。

私は朦朧とした意識の中で彼に頷きました。

「もし… もしも奥様からの御許しが出て、朝までの時間の中でもう一度、奥様を愛する機会を与えて下さるなら、私の部屋に電話して下さい」

「分かりました」

岩崎は、音をたてないよう静かに部屋を出ていったのです。

私は部屋の照明を消してから、傍らで眠っている妻に腕を添えました。
微かな息遣いが聞こえます。

穏やかな寝顔は普段の妻のままですが、彼女の口元や首筋には他人の跡が残っています。
夢のような先程の出来事は、間違いなく現実なのです。

yuki_101_109.jpg

眠ったままの妻の顔を見つめながら、彼女と出会ってから今日までの出来事を走馬灯のように想い返しているうち、いつしか私も再び眠ってしまいました。

妻がシャワーを浴びる音で、我に返ったように飛び起きました。
時計を見ると深夜2時になろうとしています。

私は深く息を吸ってから、ふらつく足で妻のいる浴室に近づいたのです。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

隣室の中で【02】

私は妻のいるバスルームの扉を開けました。眠りから醒めたばかりの私には、中の光が眩しい程です。

妻は私と目が合うと小さく頷き、傍らのボディソープを手にとりました。
向き合ったまま体を合わせ、彼女の泡立った手が私の胸をなぞるのを見つめました。
妻の体に付いたシャワーの滴が弾けるように流れ落ち、繊細な肌を美しく光らせます。

他人が愛した痕跡は消え失せ、いつもの由香里の香りが漂います。

yuki_101_112.jpg

「由香里… 綺麗だよ… 綺麗だ…」

私にはそれ以外の言葉が浮かびませんでした。
不意の言葉に、妻は笑みを浮かべて目線を下に向けました。

「本当だよ… 本当だから…」
「ありがとう…」

そのまま唇を重ね合わせ、妻を抱きしめたのです。

泡の付いた彼女の手が下腹部の茎に添えられます。快楽を与えるためよりも、私を慈しむような指の動きです。

妻は、強張りの兆しが蘇る肉茎に付いた泡をシャワーで洗い流すと、膝立ちになって私の下腹部に顔を埋めました。

彼女の温かな口の中で、柔らかな舌が肉茎を包みます。
私は目を閉じ、性戯ではない由香里そのものを感じ取っていました。

普段のままの妻…
何も変わらぬ私の由香里…

他人の精で満たされ、その味わいと欲にまみれた粘りを感じ取った罪深い妻の口が、今まで以上に愛おしく思えたのです。

yuki_101_114.jpg

私は濡れ光る強張りを彼女の口から抜きました。

「ありがとう… だけど、もういいんだ… 由香里…」

上擦った声で行為を制した私を、妻は驚いた目で見上げます。

「違うんだ… 今からは由香里と岩崎の時間にしたいと思って…」

私は言葉を続けました。

「由香里さえよかったら、朝まで岩崎と二人で過ごして欲しいんだ…」
「どうして…?」
「上手く言えないけど、由香里と特別な他人のためかな…」

思わず口から出たその言葉は、私とっての岩崎を偽りなく言い表したものでした。

「特別な他人… そうかもね…」

明日の朝まで、妻は他人と二人きりで時を過ごす…
夫のいない部屋で、今しがた目にしたあの行為を繰り返す…

利己的な偽善かも知れませんが、今度は私の欲望のためにではなく、彼女のためだけに他人に抱かれて欲しいと願ったのかも知れません。

私はバスルームから出ると、濡れた体をタオルで拭き、ベットの上のバスローブを手に取りました。
時刻はもうすぐ深夜2時になります。

私は部屋を出ると、岩崎がいる隣室のドアをノックしたのです。

kl0021.jpg


>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

隣室の中で【03】

ドアをノックしてから暫くの静寂の後、内側からロックが外されました。

「眠ってましたか」
「ん… 寝たような、起きているような… その繰り返しです」

岩崎は私の問いかけに答えながら、部屋の中に招き入れました。

枕元の灯りだけがついた薄暗い部屋の中で、私はベットの脇に腰を落としました。

先程の岩崎と妻の交わりが鮮やかに脳裏に蘇ります。

この男はもはや妻にとって、他人の一線を越えてしまったのです。結婚以来、私だけが味わった妻の肌を思うがままにし、私以上の悦びを彼女に与えたのです。

今、その男と向き合い、冷静に接する自分に対し驚きを感じていました。
あまりに現実から乖離したあの光景が、私の中の実感を麻痺させていたのだと思います。

kl0022.jpg

「朝まで由香里と二人きりで過ごしませんか… もちろん、彼女にもそう伝えています」

「判りました… 正直に言うと、実はあれからずっと不安だったのです。もし呼ばれなかったらと…」

岩崎は安堵の混じった声で応えました。

「川島さんの許可がもう少し遅かったら、自分自身で処理をするつもりでした。奥様との一時は余りにも素晴らしかったですから…」

今思えば私はその言葉に、嫉妬や恥辱とは全く別の、他人が妻の虜となることで満たされる屈折した優越を感じていたのかも知れません。

kl0023.jpg

岩崎は髪を整えると、小さく息を飲み込んで静かに部屋を出ていきました。

妻は彼をどのように部屋へ迎え入れるのだろう…
夫のいない二人きりの空間で、特別な存在となったばかりの他人と、どのように愛し合うのだろう…

私は、妻を岩崎と二人だけすることが、秘めていた願望を受け入れてくれた由香里への償いだと信じたのです。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る
>> アダルトブログをもっと見る

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板


愛妻倶楽部

Access
Visitor
RSSリンクの表示
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
検索フォーム
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


花しずく
~京都M妻の愛され方~


羞恥の風


バージンママ


女の子が読む
  ちょっとエッチな小説


人妻蕩蕩


変態小説


ましゅまろくらぶ


愛と官能の美学


人妻会館


人妻淫靡


エッチな告白体験談ブログ


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


萌木ケイの官能小説


女性のH体験告白集


淫らな楽園


寝取られ体験談アンテナ


結婚と性生活アンテナ
相互リンク2
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
貴方ならどうしますか
広告サイト
出会い情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。