FC2ブログ

<更新のお知らせ>

愛する妻が他人に抱かれ、その男の欲望を受け入れる姿…
他人の精が滴る妻の肌を目の前にした時、経験したことのない新しい悦びが私を目覚めさせたのです。

2014年07月13日 「偽りの日常」の章  7ページ目を更新
2014年07月06日 「偽りの日常」の章  6ページ目を更新
2014年06月28日 「偽りの日常」の章  5ページ目を更新

< 新着 相互リンク >
2013年12月18日 体験談・告白 ただ貴女を愛したくて さん
2013年12月17日 体験談・告白 寝取り時々寝取られ さん
2013年11月20日 体験談・告白 バージン・ママ さん


yuki_301_253.jpg

スポンサーサイト
あなたのペニスも世界一のフランスサイズに!実感率92%のペニス増大術!!
[ペニス増大]脅威のプラス8cmを記録!!★短小・カリ細・包茎全て解決★
【40歳以上でもペニス増大】最短3日で実感!5cmは当たり前?
「妻がチンコ入れられて失神するのをはじめてみました(笑)」
FC2ライブ - http://live.fc2.com/adult/
エッチなライブチャットを楽しむならここ!♪

はじめに

今から数年ほど前、結婚して夫婦としての生活も軌道にのり、それなりに楽しく幸福を感じる毎日を過ごせるようになった頃のことです。

満ち足りた私の心の僅かな隙間に、妻に対する密かな妄想にも似た願望が芽生えました。
もしかしたら兆しは以前からあったのかも知れません。私自身がそのことを認めたくなかったのです。

それは決して妻には言えない、友人にすら打ち明けることの出来ない想いでした。何故ならそれは、私が空想の中で思い描いた、見ず知らずの他人と交わる淫らな妻の姿だったからです。

もし、私の愛する妻が他の男に抱かれていたら…

もし、私が見ている目の前で、衣服を脱がされた妻の上に他の男が体を重ね、あられもなく腰を動かしながら妻の体の奥深くを味わっていたら…

そして妻がそれを受け入れ、男との性の交わりに悶え、恍惚の悦びをあらわにしたら…

妻がその男を強く抱きしめ、放たれる精の飛沫を体の奥深くで受け止めていたら…

yuki_101_242.jpg

貴方はふと、奥様に対してそんな妄想を抱いたことはありませんか?
あるいは、一瞬でも頭の中をよぎったことはありませんか?

私は結婚して暫くしてから、そんな妻の姿を想い浮かべるようになったのです。その時の私の心臓は鼓動が激しくなり、息苦しさに胸が押し潰されそうな程の嫉妬が込み上げてくるとともに、例えようがない程の性的な昂りを感じるのでした。背徳と不貞にまみれた妻の姿を夢想しながら、その妖しく美しい姿に魅せられていったのです。

妻という「現実」での性の相手がいながら、「妄想で思い描いた淫らな妻」の姿で自慰にふけることもありました。

妻とはもちろん何の問題もなく上手くいってましたし、深く愛しあっていました。まだ結婚して間もない時期だったのにも関わらず、何かのはずみで、さっきのような想いが繰り返し湧き上がるのです。

罪悪感から逃れようとしてか、潜在的な性的欲望の一つに過ぎないんだ、妄想するだけなら妻を裏切っているわけじゃないんだと自分に言い聞かせ、深く思い悩まないようにしてはいました。

ですが… いくら「他人と交わる淫らな妻の姿」への妄想に封をしても、湧き上がる欲情を消し去ることは出来ないのです。
妻である由香里を裏切るような妄想の虜になるのに時間はかかりませんでした。脳裏に浮かぶ妻の淫らな姿に向けて、幾度も私自身の精を他人のものとして放ったのです。

yuki_101_232.jpg

ああ… 由香里… 夫である私がいながら見ず知らずの男と…
その男の茎から迸る精がそんなに愛おしいのか…

私は理不尽な妄想の中で描く妻を責め、狂おしい嫉妬に身を捩じらせながら、淫らで妖しい彼女の虜になったように幾度も自慰にふけったのです。

このブログでは私があるきっかけで、夫婦交換や寝取られという「もう一つの夫と妻の関係」を知ったこと、妻である由香里との様々な感情の交錯や出来事、夫として秘め続けた願望、いろんな方との出会いを「告白」というかたちで書きたいと思います。

出来るだけ、その時の想いや気持ち、それに至るまでの経緯や背景、そして妻と他人との交わりの情景を克明に、言葉を選びながら書き綴ります。

このブログを読んで下さる方が、少しでも私達夫婦の行為と想いを読みとって下さいますように…

>> 体験告白や官能小説をもっと見る(FC2 Ranking)
>> アダルトブログをもっと見る

私達 夫婦のこと【01】

私と妻は共に30代前半、東京の近郊に小さいながら戸建てのマイホームを設け、傍目からは円満な夫婦に見えるのかもしれません。

結婚するまでの恋愛期間は2年程です。

友人を通して知り合い、すぐに私は彼女に夢中になりました。
スマートな体型と清楚で美しい顔立ち、可憐さと純真さを併せ持った女性でした。私や友人の話を楽しそうに聞きながら、繰り返し小さく頷く仕草が何よりも愛らしく思えたのです。

こんな女性なら、きっと彼氏がいるんだろな…
きっとお互い、熱々なんだろうな…

1176999161824o.jpg

そんな悔しさとともに、私の中に淫らな妄想が浮かび上がります。

彼氏はこの女性をどんなふうに抱くのだろう…
彼女は彼氏の全てを受け入れて、何回も精を体の中に注がれているのだろうか…

私の身勝手な嫉妬は、彼女が彼氏と別れて間もないことを知ると、すぐさま秘めた期待へと変わっていきました。

彼女を自分のものにしたい…
いつも私の傍にいてほしい…

その夜、私は一人の部屋で彼女を自慰の対象とし、淫らな姿と光景を想いながら、身勝手な欲望の捌け口としたのです。目にした彼女の唇や胸、美しい脚を浮かべ、互いに絡み合い、重なり合う場面を空想し、熱い強張りを握り締めました。

yuki_301_148.jpg

艶めかしい舌が亀頭に絡み、零れ落ちる透明な滴で潤う温かな口内…
淫らに縮動する秘部の奥を反り返る自分の茎で貫き、迸る白濁の精を放つ恍惚の至福…

翌日から友人を介して、由香里への積極的なアプローチを始めました。
私はデートの間、清純さと誠実さを装いながらも、部屋に帰った後は独りで妄想の中に溺れながら、彼女を欲望と願望を満たす性の対象として自慰にふけったのです。

早く彼女を自分のものにしたい…
そのためにも彼女にふさわしい男性にならなければ…

彼女に対する罪悪感と自分への嫌悪に苛まれながらも、込み上げる性の欲を抑えることは出来ませんでした。
その時が来るまでの間、彼女を大切にするために自分の願望を処理する行為… 自らを慰める行いを正当化しながら、私は由香里への想いを日増しにつのらせていったのです。

その後、交際期間を経ながら結婚に至る詳しい経緯は後にして、夫婦である今の私達の話を続けます。

>> 体験告白や官能小説をもっと見る(FC2 Ranking)
>> アダルトブログをもっと見る

Page

プロフィール

川島 ゆきひと

Author:川島 ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…
夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが寝取られや夫婦交換で体験した様々な出来事、いろんな方との出会いを、このブログに書きたいと思います。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ








【記事の順序について】
このブログは、古い記事から順に並んでいます。
最新の記事は最後のページにあります。

サブブログの紹介
夫婦交換を通じて、他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


寝取られた妻の傍らで


一夜妻への想い


妻を愛した少年


目次
章の順に並んでいます。
最新記事
I2I フリーリンク
ブックマーク

体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集


体験と願望の告白 掲示板


愛妻倶楽部


他人の妻 リンク集

貴方ならどうしますか
Access
Visitor
RSSリンクの表示
妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

体験と願望の告白 掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない性行為を教えて下さい。


体験と願望の告白 掲示板

お勧めサイト
性の体験告白や、官能的な読み物のサイトが集まっています


体験告白、官能小説

「大人の世界」を綴ったブログ
大人のためのブログ集

相互リンク1

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


変態小説


ましゅまろくらぶ


愛と官能の美学


人妻会館


妻と他人棒


人妻官能 蕩蕩


人妻淫靡


エッチな告白体験談ブログ


告白痴態


熟女会館


輪姦学校


萌木ケイの官能小説


女性のH体験告白集


淫らな楽園


他人の妻 リンク集


愛する淫らな妻たち
相互リンク2
DTI フリーリンク
ランキングの詳細



ランキングの詳細
姉妹サイト

私と妻との出来事を、4つのブログに分けて書き綴っています。サイト「妻が淫らに染まる時」は、それらのブログをリンクでまとめたインデックスです。


 妻が淫らに染まる時

妻(由香里)が、他人に寝取られる姿への想いを書き綴りました

 寝取られた妻の傍らで

愛する妻を他人の一夜妻に…
そんな私の心の中を書きとめた日記です

 一夜妻への想い

性経験の無い少年を妻に…
それは私にとっても忘れられない出来事でした

 妻を愛した少年
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛の、メール送信フォーム
検索フォーム
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告サイト
出会い情報